ようこそゲスト さん 新規会員登録・ログイン

スピルバーグ流監督術

もっと見る

スピルバーグ流監督術
¥1,500

在庫状況: 在庫あり

※上記価格は税別


著者:クリストファー・ケンワーシー Christopher Kenworthy
定価:本体1,500円 + 税
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-381-4
総ページ数:144 ページ
サイズ: 22.5 x 15.2 センチ

商品情報

詳細

名監督が名シーンにかける「魔法」とは!?
映画製作者の目線で名作を読み解くシリーズ:「スティーヴン・スピルバーグ監督」編

予算をかけてもよい映画になる保証はありません。大切なのはストーリーの語り方を知ることです。

詳細かつ具体的にシーンを解説した本書を手に映画を観れば、「何に目を向けるべきか」が分かります。ストーリーテリングの名手、スピルバーグ監督の手法を知り、映像制作に応用しましょう。また、映画ファンならば、鑑賞の楽しみが2倍にも3倍にも膨らみます。

視線を誘導し、シンプルなカメラワークと慎重なブロッキングを効果的に使うことで、良い作品が撮れます。発見、恐怖の瞬間、何気ない会話をスピルバーグがどう演出しているかを知り、アイデアを取り入れ、自分自身のスタイルで表現しましょう。

【推薦のことば】
「クリストファー・ケンワーシーは、模倣を推奨しているのではない。本書がもたらすのはインスピレーションだ。 巨匠と呼ばれる映画監督たちが繰りひろげる魔法を正確かつ簡潔に説明した本書は、経験を問わず、映画・映像制作者たちの貴重なチュートリアルとなるだろう。それだけではない。本書は映画の新しい側面を照らし出してくれる。映画ファンは、楽しんで鑑賞してきた名作をより深く味わい、自らの知的および感情的な反応を理解することができるだろう」
— ジョー・レイドン(Joe Leydon)、「Variety」誌

「本書の目的は、「アクション、不思議、感動を伝えるビジュアルの秘密」をとらえることだ。

これが分かれば、すべての映画制作者がスティーヴン・スピルバーグの魔法のかけらを
使えるようになる。果たしてとらえられるのだろうか? 驚くべきことに、著者クリストファー・ケンワーシーは、ほぼ成功している。そのこと自体が、とてつもない魔法だ」
— ステファン・ブリッツ(Stefan Blitz) Forces of Geek 編集主幹

【目次】

Chapter 1:追跡劇「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
Chapter 2:視線を導く「E.T.」
Chapter 3:意図を明らかにする「ジュラシックパーク」
Chapter 4:見せる瞬間「太陽の帝国」
Chapter 5:動きを伴う会話「JAWS/ジョーズ」
Chapter 6:緊張の波「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
Chapter 7:ステージングと奥行き「シンドラーのリスト」
Chapter 8:高さの意味「アミスタッド」
Chapter 9:短時間で語る「アミスタッド」
Chapter 10:ビジュアルだけで語る「太陽の帝国」

【著者について】

クリストファー・ケンワーシーは、14年にわたり作家、監督、プロデューサーとして活躍している。
長編映画や、多くの音楽ビデオ、コマーシャルプロジェクトを監督した。 現在は執筆を中心に活動している。
英国生まれ、2人の娘と女優のモリー・カー(Molly Kerr)とともに、オーストラリア在住。


追加情報

追加情報

著者 クリストファー・ケンワーシー
定価 1,500円 + 税
ISBN 978-4-86246-381-4
サイズ/ページ数 サイズ: 22.5 x 15.2 センチ/144 ページ